不動産管理・不動産相続・不動産投資に関するご相談は陽徳不動産にお任せください。
投稿記事
  • HOME »
  • 投稿記事 »
  • 不動産投資

不動産投資

今年は3年に一度の不動産の固定資産税評価額の評価替えの年です。明日4月1日以降に不動産の売買取引はご注意を!

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今年は3年に一度の不動産の固定資産税評価額の評価替えの年になります。つまり4月1日から 土地建物の評価額が変わります。土地は国交省や都道府県が公表する公示価格や地価調査価格を基に 約 …

相続対策としての資産組み換えと将来収入の比較

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 子供たちのために今ある資産を見直して、将来的に問題のありそうな、もしくは子供たちが 欲しがらない資産を今のうちに整理して、子供たちが喜びそうな資産に組み替えるという (つまり買い替え …

相続対策でもある、借地解消のための借地権、底地権の交換とは?

みなさんこんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は借地権の解消についての方法として底地と借地の交換について例えば 借地権割合60%底地権割合40%で100坪の土地があり、更地価格坪@100万円 だとします。 この土地を …

不動産投資(賃貸経営)において投資額が期待利回りに見合うものか確認するためには・・・

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は不動産投資に限りませんが投資行為においては期待利回りが見合うものかで判断を することがあります。 例えば10000円を4年間投資することで以下のようなキャッシュフロー(以下CF …

賃貸物件の空室率は低い方が良いとされています。空室率が高すぎるのも問題ですが、低すぎるのも問題があるのかも?

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は賃貸物件の空室率についてですが、空室率は一般的に低い方が良いとされています。 しかし適正な空室率というのがあります。個々の物件ごとあるいは特定の物件の空室率が 低いとか高いとか …

借りている土地の地主が亡くなり、底地(借りている土地)を買わないかと相談があった買った方が良いのか?

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 土地を借りているいわゆる借地人さんから相談がありました。 地主さんが亡くなり、この地主さんの相続人から借地人さんへ底地を買わないかと いう問いかけがありました。 因みに土地の面積は1 …

例えば1000万円の住宅を購入する時には銀行借入?それとも自己資金?

こんにちは 陽徳不動産の田邊です。 住宅購入する時には多くの人は住宅ローンを組みますよね。住宅ローンの金利は 低水準ではありますが、今月に入り住宅ローンの金利指標になる10年物長期国債 利回りの上昇がありました。これはア …

収益物件の購入判断材料としての分析シートをエクセルで作成をしてみました。

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は、収益物件をはじめ不動産を購入する場合に何を基準に投資判断をしたら 良いかわからないことが多いと思います。 不動産の投資効率を図るのに表面利回りだけで投資判断をするのは極めて危 …

IREM JAPAN 主催の海外不動産投資のセミナーに参加しました。ハワイ~アメリカ、アジアの不動産マーケットについて

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は私が所属しておりますIREM JAPAN主催の海岸不動産投資のマーケットについての セミナーに参加をいたしました。主な海外不動産地域はハワイ、アメリカサンディエゴ、 カンボジア …

住宅取得支援策として令和3年度も住宅取得資金贈与の制度が拡充されました。非課税額が最大1500万円控除が維持されました。

こんにちは! 陽徳不動産の田邊です。 今日は令和3年度の税制改正で非課税枠が最大で1500万円が維持されることになりました。 制度の趣旨としては、父母から20歳以上の子供が住宅購入するための資金として贈与を受けた場合、 …

« 1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社陽徳不動産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.